睡眠薬と睡眠改善薬の違いって?

今日本は、成人の5人に1人が不眠症の不眠大国で

国民の5%が睡眠薬がそれに類する薬を

常用しています。

そしてドラックストアなどでは

気軽に睡眠薬が売られていて

医師の処方なしでも買うことができます。

 

友人がドラックストアに勤めているんですが

購入する人が最近多くなっていると

聞きます。

しかしドラックストアに売ってある睡眠薬は

実は睡眠薬ではありません。

「睡眠改善薬」になります!

 

睡眠改善薬って?

 

ドラックストアなどで売られている薬は、

「睡眠改善薬」といって

医師の処方箋が必要なく

一般用医薬品(OTC医薬品)になります。

そして慢性的な不眠に効くものではなく

一時的な不眠症状に使用する睡眠薬が

睡眠改善薬です。

例えば、「ドリエル」や「ぐ・スリーP」、「ネオディ」

などはこれになります。

 

睡眠薬と睡眠改善薬の違いは?

 

睡眠薬(睡眠導入剤も含む)は

向精神薬に分類されます。

向精神薬は中枢神経に作用して

精神に何らかの影響を与える薬です。

なんだか怖いですね。。

 

一方睡眠改善薬は、

風邪や鼻炎などの薬を飲んだ時

眠くなる時がありますよね。

その副作用の成分を主作用にして代えた薬

「睡眠改善薬」です。

こちらの主成分は

ジフェンヒドラミン塩酸塩というものです。

睡眠薬や睡眠導入剤よりも

効き目は緩やかです。

 

私は、5年前不眠だったころ

この睡眠改善薬睡眠薬と勘違いして

購入して2.3回服用して飲んでいました。

これを飲んだのに眠れなかったので

当時はかなり落ち込みました。

そして最近になって初めて知りました!

無知って怖いですよね。。

 

睡眠改善薬にも副作用がある

 

睡眠薬、睡眠導入剤には

ふらつき、記憶が飛ぶ、眠気が残る、依存症状

などの副作用がありますが

 

睡眠改善薬にも副作用があります!

私が実際飲んでみて感じたことなんですが

ふらつきも結構ありました。

またこれがないと眠れないといった

依存症状も出てきます。

気軽に医師の処方がなくてもいいと思い

処方していると副作用が出てくるので

注意が必要です。

眠れないから。。明日眠れるか心配だからといって

手に取りたい気持ちは分かりますが

一度よく考えてみてください。

 

不眠の原因は主に精神的な問題です。

心が不安定になっているのなら

誰かに相談したり、

自分でストレスを発散するなどして

心を整えていってください。

また眠る前に深呼吸をしてセロトニンを増やしたり

坐禅や瞑想などもおすすめです。

薬を手に取る前に

自分にできることをしてみてくださいね!

 

 

 

 

 

 

メルマガ配信始めています!

わたしは元コミュ障でしたがそれを克服し

不眠症も自力で治しました!

私のプロフィールをみる!

 

今は不眠で悩んでいる方、睡眠で悩んでいる方

のためにメルマガを配信しています。

私が不眠解消した方法、寝ても眠たい原因や睡眠の質を上げる方法などについても具体的に

書いています。

 

今なら二大メルマガ登録プレゼント付きです!

「あなたの睡眠状態チェック」

「不眠解消法セミナー動画」

をプレゼント!!

興味のある方はこちらから登録してくださいね♡♡