寝ても眠たいのはなぜ?

最近友人や、若い方などにもよく相談されるのが、

寝ても寝ても眠たいという悩み。

「9時間くらい眠るんだけどそれでも

昼寝をしてしまうんだよね~」

「すごく寝ているけど、こんなに寝ていいのかな?」

そういう話を最近よく聞きます。

そもそも

寝ても眠たいという状況は

どういった状態なのでしょう?

なぜ寝ても眠たいのでしょう?

 

大抵の場合は寝不足

 

日本人の平均睡眠時間は6~7時間です。

しかし、6~7時間って実は他の国と比べると

短いんです。

今日は6時間睡眠をとったから大丈夫。

と思っているかもしれませんが、

その睡眠時間は短いんです。

日本人は睡眠不足傾向にあります。

なので知らないうちに睡眠負債が重なって、

日中にすごく眠気を感じてしまうのが

大半の原因ではないかと思います。

8時間は眠るように心がけましょう。

 

睡眠時無呼吸症候群が原因

 

睡眠時無呼吸症候群とは

いびきをかくときに、無呼吸の状態が数秒続き

その状態が1時間に5回以上起こることをいいます。

この睡眠時無呼吸症候群になると

努力して呼吸する必要があるために

脳がいったん目覚めてしまいます。

すると眠りが浅くなったり、夜中に何度も起きる

ことが増えます。

そうなると、睡眠時間は確保していても

睡眠の質が悪いので

日中に眠気を感じるといった感じです。

 

概日リズム睡眠障害の影響

 

交代制の勤務で体内時計が乱れてしまったり、

夜更かしなどをして遅い時間に寝てしまって

体内時計がずれてしまうと

自分が寝たい望ましい時間に眠れなくなり

だんだん眠る時間がずれてきて

最後には朝方に眠って昼は眠たくてしょうがない

というような状態になったりします。

24時間のリズムがずれてしまうので

本当に寝たいときに眠れなくて

日中眠気を感じるようになります。

 

ナルコレプシーが原因

 

2000人に1人の割合なのでめずらしい病気ですが

これも日中眠たくてしょうがないという原因の一つに

なります。

ナルコレプシーは医学的に言うと

神経疾患の一種です。

症状としては

日中、突然強い眠気をもよおし

実際に数分から15分くらい居眠りしてしまいます。

一日に数回ほど短い居眠りを繰り返します。

 

また寝入った時にいきなりレム睡眠の状態に

なりやすいので

寝入りに「金縛り体験」や恐怖感を伴います。

 

そして感情が急に高揚したときに

体の力が突然抜けてしまう特異な症状

(情動脱力発作)

なども起こります。

こちらは結構深刻な症状になります。

 

最後に

 

寝ても寝ても眠たいという方は

一度自分の睡眠時間がきちんと足りているか

ちゃんとチェックをしてください。

チェックしてみて充分足りているのに

眠気がある場合は

何らかの睡眠障害がある可能性があるので

睡眠専門の医師に診てもらってくださいね。

 

メルマガ配信始めています!

わたしは元コミュ障でしたがそれを克服し

不眠症も自力で治しました!

私のプロフィールをみる!

 

今は不眠で悩んでいる方、睡眠で悩んでいる方

のためにメルマガを配信しています。

私が不眠解消した方法、寝ても眠たい原因や睡眠の質を上げる方法などについても具体的に

書いています。

 

今なら二大メルマガ登録プレゼント付きです!

「あなたの睡眠状態チェック」

「不眠解消法セミナー動画」

をプレゼント!!

興味のある方はこちらから登録してくださいね♡♡