旦那さんに家事を手伝ってもらうコツ♡

「食器拭いておこうか?」

「洗濯物畳もうか?」

 

という風に以前(一年前)に比べると

旦那さんはよく家事を手伝ってくれるように

なりました^^

 

私が今まで何をしてきたのか?

それをお伝えしたいと思います^^

 

素直に甘える

以前の私は家事を一人でしようと抱え込んで

がんばっていました。

そしてあまり何もしてくれない旦那さんに

いらいら。八つ当たり。

悪い循環でした。

 

しかしある時から

旦那さんに素直に甘えるようにしました^^

 

男性も頼られるのは好きだし

甘えてみようと。

 

でも言い方にもコツがあって

「ちょっと手伝ってよ!」

とイライラした状態でお願いするのではなく

 

「一人だとちょっときついからこれだけ手伝って欲しいな♡」

と可愛くお願いするのがポイントです^^

 

そうすると旦那さんもいやいやではなく

快く手伝ってくれます^^

 

何回もありがとうを言う

そして嬉しいことに、旦那さんがずっと家事を手伝ってくれるコツがあります!

 

それは家事を手伝ってくれた旦那さんに

何回もありがとうと言うこと。

 

手伝ってくれた瞬間に「ありがとう!」

それが終わった時に「ありがとう!」

そして1日の終わりに「ありがとう!」

 

それくらい言うと旦那さんも嬉しくて笑顔に♡

 

そしてどうせなら

「ありがとう!」の後に一言添えてあげましょう^^

 

「ありがとう!嬉しい!」

「ありがとう!すごく助かったよ!」

「ありがとう!さすが!優しい~!」

 

一言添えるとまた旦那さんも嬉しくて

次もやってあげよう!となります^^

 

家事能力を褒める

男性は褒められるのが嬉しい生き物。

私は旦那さんをよく褒めていました!

 

私の家での例えばの話。

 

私は食器を拭くのが結構雑なんですが

旦那さんはしっかり綺麗に拭いてくれるんです。

 

そういう時に

「いつも丁寧に食器を拭いてくれるよね^^

私は雑だからすごいなぁ^^すごくマメだよね♡」

と誉めたりしていました^^

 

そうすると他の家事も手伝ってくれるようになるんですね^^

 

そしてまた例え話ですが

お風呂掃除を手伝ってくれたとします^^

そんな時は

「私の力だとなかなか取れなかった汚れが

さすが!綺麗にとれてたよ!すごいね!」

などと誉めてみるのもいいと思います^^

 

そうすると俺がやってあげなきゃな~

と思ってくれるようになります^^

 

最後に

 

家事って女性がして当たり前という風潮が

まだまだありますが

そんなことはありません。

1人で全部やろうとせず、素直に旦那さんに甘えましょう!

そうすることで無駄にイライラせず

ご機嫌で過ごしていけるので

パートナーとの仲も良くなります^^

是非、3つの事を試してみてくださいね^^